人材確保

人材確保の媒体は?

こんにちは。
小規模サロン専門コンサルタントの中島です。

久しぶりの更新になります。

12月も終盤になり皆様とても忙しいのではないでしょうか?

当社は繁忙期と閑散期の差を無くすように仕組み化しているのですがさすがに12月は他の月に比べると多少忙しくなります。

来年2020年はそこをクリアするのを目標に仕組みを進化させたいと思います。

人材確保の方法あれこれ

さて

皆様は人材確保において何か媒体に掲載されていますか?

たまに店頭のガラスにスタッフ募集中と張り紙してある美容室を見かけますが効果はあるのでしょうか?

だいたいは求人誌や大手の求人サイトを利用するかと思います。

当社も某大手のサイトに長年にわたり掲載しておりました。

理由はグループで掲載している為かなり格安で載せられてもらえるからです。

もともと成果報酬型のサイトなので単独で掲載してもそんなに高くはないのですが、それでも半年で数万円とかかります。

成果報酬型とは実際に採用が決まったらたくさんお金をとる方式です。。。

たしか補償はつきますが採用後1週間で辞めたら全額補償、半月で辞めたら半額返金だったと思いますが定かではありません。

1ヶ月で辞めそうな雰囲気の人は基本雇いません。

タチの悪い中古車屋のような補償です。

しかしながら集客と同じでSEOに強いのか
「美容師求人」などで検索すると上位表示されるのでついつい頼ってしまいますね。

するとそのサイトに美容室登録数が増え値段も上がっていきます。

まるで某大手集客サイトです。

最近はシステムが変わり団体で安く掲載させないようにしているので当社はどう検索しても出てきません。

お店の名前で検索しても一発ではヒットしないようにされてしまいました。

システムが変わるまでは毎月数名の応募や問い合わせがありましたがここ数ヶ月は0です。。。

さらにお金払って一発表示されるようにする?

そうすれば上位表示されるのでいいじゃんって話ですがそれはしません。

なぜなら毎月数名きていた応募を断り続けていたからです。

別に人材が足りてるわけではありません。

良い人材がいればすぐにでも採用したいです。

では何故断り続けたか。

せっかくの応募を断ったわけ

それは応募してきたときのメールでのやり取りや面接での対応です。

無駄な時間は使いたくないので必ずメールで2〜3回やり取りします。

そこでかなりの確率でお断りします。

文章はその人をあらわしますからね。。。

もちろん面接してからお断りする場合もあります。

その辺の基準はオーナーさんによって様々だと思います。

早い話人材の質がとても低いのです。。。

やる気の問題ではなく当社に入って仕組みを理解し落とし込んでくれる人かどうかが重要です。

例えば

・もの凄くやる気はあるけどトレンドしか興味がない

・前のお店の不平不満が多い

・給料や休みの質問が多い

・自社の説明をしても反応がイマイチ

・すぐ目をそらす

まだまだたくさんありますが
明らかに待遇目的という匂いがプンプンします。

凄く印象がいいなと感じても職歴で2年程度で数店舗という方も採用しません。

そういう人は逃げ癖や辞め癖があるため嫌なことや辛いことがあると迷わず退職します。

採用の基準

要は仕組みを理解し、素直に落としこんだのに、もしリピートが悪かったときに一緒に悩みアドバイスを素直に受け取り実行できそうな人かできない人かが採用不採用の決めてとしています。

採用後がどんな結果になっても全責任を負うのは経営者である皆様です。

採用しなければよかったと思っても後の祭りです。

どんな人材でも採用した以上は責任を持ち雇わないといけないのです。

経営者のリスク

働き方改革で労働者の立場がどんどん強くなっている昨今お店に合ってない・仕組みを理解できない・蛾が強くやり方を改めない等の人材を雇うには相当なリスクになります。

小規模なサロンほど人材に左右されてしまいます。

ホームページを見て応募してきた方と某大手求人媒体を見て応募してきた方だとやはりホームページを見てきた方の方が質はいいと感じます。

しかしながら当社の人材で求人媒体からの従業員もいます。

応募者が多数いる中に良い人材が少数存在するのも確かです。

面接だけで見極めることは非常に困難ではありますが良い人材が来たらあのタチの悪い中古車屋のような補償も関係ありません。

聞いた話だと求人媒体のお祝い金狙いの輩もいるとのことで、たかだか1、2万円欲しさにお店を平気で騙すのも存在するらしいです。

そんな訳がわからない人材を雇うのもバカらしいので当社では某大手媒体は全く期待してません。

まぁ、タダ同然で掲載されているのでそのまま掲載は続けますが。。。

まとめ

集客と求人は同じなのです。

脱◯ット◯ッパーしたいというサロンさんは増え続けています。

・高い金額で掲載しますが割引目当てのお客様ばかりでリピートしない。

・新規客が増えるに比例してポイント還元料が上がる。

・◯ロンボードで情報を持っていかれる。

・上位表示する為にプランを上げなければならない。

質が良く本当に自分に合った美容院を探してるお客様も存在しますがそういう方は少数で
ほとんどの方は新規割引を利用しグルグル回っている方ばかりの同じユーザーなのです。

どんなに良い仕事、誠実な仕事、お客様の立場に立った仕事をしても正規の値段では来店しない方達です。

今やチラシ集客をやっているサロンさんは少ないと思いますがチラシで来店したお客様は
本当にリピート率がいいです。

ポータルサイトでのリピート率と比べ物にならない程です。

では求人に置き換えてみましょう。

例えば何も響かないどうしようもない人材を媒体から雇ったとします。

そんなのはすぐに退職するでしょう。

そしたらそのどうしようもない人材はまた媒体を見て他店に応募するわけです。

要はそんなのがうじゃうじゃいる中で良い人材を探し出さなければならないのです。。。

だったらチラシ集客と同じように他社と共有しない自社だけの求人方法をしなければいい人材に巡り会えないのです。

では、どんな求人方法が良いのか。

知りたい方はお友達登録をお願いします。

友だち追加

あまり他の美容院でやっていない方法をお教えします!

-人材確保

Copyright© 小規模サロンの経営改革 , 2020 All Rights Reserved.